レフティだと苦労するゴルフ

ゴルフはコースマネジメントが非常に大切

レフティだと苦労するゴルフ ゴルフで大切な事は戦略を考えながらラウンドするということです。ただ単純にフェアウェイの真ん中を狙って打っていけば良いと言うものでは無いのです。そもそも、狙ったところに確実に打つこと自体非常に難しいことですので、自分がミスショットをしてしまったときのことを考えながら戦略を考えていかなければなりません。基本的にはフェアウェイの平らなところを狙っていくのがベストです。いくらフェアウェイにボールをのせたからといっても、そこがつま先上がりであったりつま先下がりであると次のショットが非常に打ちづらくなり、ミスショットの原因になってしまうことも十分に考えられます。バンカーや池などのハザードを避ける事は当然ですが、打ちやすい場所を狙っていくということが非常に大切であると言えるのです。

コースマネジメントにおいて、細かく打つ場所を狙っていくのは高度な技術となりますが、初心者でもある程度は意識してラウンドすると良い結果に繋がることも考えられます。例えば、ドライバーでどうしてもスライスする癖がある場合は、最初からやや左の方を狙って打つと、万が一大きくスライスしてしまってもOBを免れるかもしれません。ただし、それはミスがスライスばかりだという方に限られるでしょう。ひっかけも出ると言うのであれば、左を狙うのは危険となります。そのようなミスショットをしてしまったときのことも考えつつ、狙いどころを定めていくようにしましょう。
Copyright (C)2022レフティだと苦労するゴルフ.All rights reserved.